男性型脱毛症 AGA男性型脱毛症AGA

薄毛でお悩みの方へ

Q男性型脱毛症(AGA)ってどんな症状?

思春期以降、額の髪の生え際が後退したり、頭のてっぺんの髪のボリュームの低下によって地肌が見えやすくなる症状が典型的です。
細くて短い髪の毛が多くなり、全体として薄毛が目立つようになります。

~AGAは進行性~

何もせず放っておくと髪の毛の数は減り続け、徐々にうすくなっていきます。
AGAは早めのケアが大切です。

こんな症状はありませんか
  • 思春期以降にうす毛の症状が始まり、徐々に進行する
  • 額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方からうすくなり、進行する
  • うぶ毛のような十分に育たない髪の毛が多くなる
  • 太くしっかりとした髪の毛が、細く短めの髪の毛になり、頭皮が透けて見えるようになる
  • 両親、兄弟、祖父母に脱毛症を認めることが多い

AGAnewsサイトより転載

髪の毛とは

髪の毛は毛包で作られます。毛包の根っこには毛球があり、毛母細胞と毛乳頭からなっています。

髪の毛のつくり

AGAnewsサイトより転載

正常時のヘアサイクル

髪の毛1本1本には寿命があり、それぞれの毛が伸びては抜け、また新しく生えることを繰り返しています。これをヘアサイクルと呼んでいます。図のように毛包は成長期・退行期・休止期のいずれかの状態にあり、このうち成長期が1番長く、通常2~6年間続きます。成長期に太くしっかりした毛(硬毛)となり、1ヶ月で約1cm伸びます。しかしAGAの人は成長期が短くなるため、髪の毛が十分に成長しないまま抜けてしまい、抜け毛が増えたと感じるようになります。

正常時のヘアサイクル図

AGAnewsサイトより転載

原因と特徴

Q男性型脱毛症はどうして起こるの?

一般的に遺伝や男性ホルモンの影響が主な原因と考えられています。
AGAの脱毛部には、活性型男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度に見られ、これがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質と考えられています。
成長期が短くなる(数ヶ月~1年)ことで、毛包が十分に成長しないまま、退行期・休止期に移行するため、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまいます。十分に育たない、細く短い産毛のような髪の毛(軟毛)が多くなると、全体としてうす毛が目立つようになります。
何もしないでいると、髪の毛の数は減り続けてしまいます。進行を抑えるためには早めのケアが大切です。 ※DHTは、5α-還元酵素という酵素によってテストステロンから作られます。

DHT(ジヒドロテストステロン)が作られるイメージ図

※DHT=ジヒドロテストステロン
※DHTは、5α-還元酵素という酵素によってテストステロンから作られます。

硬毛から軟毛になっていくイメージ図

AGAnewsサイトより転載

AGAの原因物質は、DHT(ジヒドロテストステロン)

AGA(エージーエー)の脱毛部にはT(テストステロン)から産生された、男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度にみられ、これがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質と考えられています。

DHT(ジヒドロテストステロン)産生増加

AGAnewsサイトより転載

AGAは、抜け毛・うす毛がゆっくりと進行していきます。
ただし、AGAでは普通うす毛になっていても、産毛は残っています。毛包が存在している限り、髪の毛は長く太く育つ可能性があります。決してあきらめないで下さい。

治療方法

Qどんな治療をするの?

主に下記に挙げるような治療法があります。

  • 内服薬
    ①プロペシア(主成分:フィナステリド)
    ジェネリック医薬品

    フィナステリド®

    当院では、「フィナステリド」を主成分とした、米国メルク社が開発した世界初のAGA治療薬(医薬品)「プロペシア」を処方しております。
    フィナステリドが、発毛阻害要因となっている男性ホルモンの働きを抑制し、抜け毛を予防。
    AGA(男性型脱毛症)患者様の98%に効果を確認されています。
    米国FDA認可を取得しており、日本では万有製薬が2005年に厚生労働省の輸入承認を受けました。現在では世界60カ国以上で発売され、日本国内では13,000施設を超える医療機関で処方されています。

    プロペシア模式図
    DHT産生を抑制・抜け毛を予防

    抜け毛抑制薬「プロペシア」は、Ⅱ型5α-還元酵素を阻害し、男性型脱毛症の原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)産生を抑制します。
    DHTはAGA(男性型脱毛症)患者様の頭皮脱毛部分に、多量に存在することが確認されており、5α-還元酵素によってテストステロン(男性ホルモン)から作られます。このDHTから脱毛シグナルが出ると髪は長く太く成長をする前に抜け落ちてしまい、細く短い毛が多くなり、薄毛が目立つようになります。プロペシアは、この5α-還元酵素を阻害し、DHTの産生を抑制することで、短縮されたヘアサイクルを正常に戻し、抜け毛を予防します。

    ②ザガーロ(主成分:デュタステリド)
    ジェネリック医薬品

    デュタステリド®

    「ザガーロ」は、テストステロンをDHTに変換するⅠ型およびⅡ型の5α-還元酵素をともに阻害し、DHT濃度を低下させます。
    「ザガーロ」の投与により、DHT濃度が低下すると、ヘアサイクルの正常化が促され、毛髪数の増加が期待できます。1日1回(なるべく24時間おきに)、食事に関係なく内服できます。
    AGAの改善には、ヘアサイクルの中の短縮した成長期の正常化が重要です。

    ザガーロ模式図

    一般的に、効果はフィナステリドの成分よりもデュタステリドの方が高く、フィナステリドが効かない患者様にも効果が期待できます。(遺伝子レベルでフィナステリドの効果が出にくい患者様もおられます。)

    処方にあたってのご注意
    医薬品のため、処方には医師の診察が必要です。主な副作用として、下記にあげるものが数%報告されています。

    副作用

    • 性欲減退・勃起機能障害(ED)などの男性機能低下
    • 全身倦怠感(肝機能障害)
    • 食欲減退 乳房障害 抑うつ症状

    このような症状に気づいた場合は、早めに当院医師へご相談ください。

    ※プロペシアおよびフィナステリドの服用中は、献血ができません。服用中止から1ヶ月以上経過していれば、献血が可能です。ザガーロおよびデュタステリド服用中、あるいはどちらかを内服した最後の日から6ヶ月間は献血ができません(妊娠または妊娠している可能性のある婦人および授乳中の婦人の体内にフィナステリド・デュタステリド成分が入るのを防ぐため)。服用中は輸血ができません。内服開始後2週間~1ヶ月くらいで「初期脱毛」がおきる可能性があります。

    *初期脱毛とは、AGA治療を始めた時に、一時的に起きる脱毛症状のことです。治療開始後2週間~2、3ヶ月から始まります。ヘアサイクルが正常に整っていく過程で起きている、一時的な脱毛ですので心配は要りません。初期脱毛が続く期間は2週間~3ヶ月とかなり個人差があります。全ての人に起きるものではありません。

    ③サプリメント(亜鉛配合サプリメント)

    AGA治療薬との併用を目的とした亜鉛サプリメントです。高配合された亜鉛には、抜毛を減少させる働きがあります。毛母細胞の増殖を促し、発毛を促進する効果もあるため、抜け毛内服薬との併用で相乗効果が期待できます。

    ④ミノキシジル

    「ミノキシジル」は、元来血管拡張作用のある高血圧の薬として開発されましたが、発毛効果もあることがわかりました。
    「ミノキシジル」は毛乳頭細胞に働きかけて、アデノシンという成分を分泌させます。アデノシンは、生体内でエネルギー伝達やシグナルの運搬に関わります。アデノシンには毛髪の生成をサポートする細胞増殖因子の産生を促す働きがあります。そのため、ミノキシジルによって発毛が促進されるのです。
    服用は最低6ヶ月間は継続することが大切です。発毛効果が表れた後も使用を継続すれば、AGAの進行の予防に効果的です。

    処方にあたってのご注意
    医薬品のため処方には医師の診察が必要です。主な副作用として下記にあげるものが数%報告されています。

    副作用

    • 頭痛 めまい 動悸 不整脈 血圧低下 利尿作用 むくみ
    • 全身の毛が増加する(多毛症)

    このような症状に気づいた場合は、早めに当院医師へご相談ください。

    *ミノキシジルの内服ができない方:
    下記の疾患をお持ちの方は、ミノキシジルの内服ができません。あしからずご了承ください。
    低血圧 貧血 心臓疾患

  • 外用薬
    ①塩化カルプロニウム(フロジン液®

    皮膚の血管を拡張して血流をよくする作用があり、頭皮に塗ると、機能低下状態にある毛根が活発になり、脱毛防止、発毛促進につながります。処方には医師の処方箋が必要です。

    ②ミノキシジル

    直接毛母細胞に働きかけ、毛母の細胞分裂を活性化させ、髪の成長を早めてくれます。
    また、ミノキシジルは毛細血管を広げ、血液の流れをスムーズにします。また、髪の成長を促す毛乳頭細胞に働きかけ、ヘアサイクル(毛周期)を延長させる働きもあります。さらに、毛乳頭細胞から作られる毛母細胞を刺激する物質の産生を促したり、毛乳頭細胞そのものを増殖させる働きがあります。これらの作用によって、ミノキシジルは発毛を促しています。
    最低半年間のご使用をおすすめいたします。効果がみられにくい場合は、濃度を徐々に上げていくことができます。

    [ ミノキシジルの使用方法 ]
    • 1日2回、1回1mlを脱毛している頭皮に塗布してください。
    • 用法用量の範囲より多量に使用しても、あるいは頻繁に使用しても効果はあがりません。
      定められた用法用量を厳守してください。(決められた以上に多く使用しても、効果の増加はほとんどなく、副作用の発現する可能性が高くなります。)
    • 目に入らないように注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお、症状が重い場合には眼科医の診察を受けてください。
    • 薬液のついた手で目など粘膜にふれると刺激があるので、手についた薬液はよく洗い落としてください。頭皮にのみ使用し、内服しないでください。
    • アルコールなどに溶ける恐れのあるもの(メガネわく、化学繊維等)にはつかないようにしてください。
    • 整髪料及びヘアセットスプレーは、本剤を使用した後に使用してください。
    • 染毛剤を使用する場合には、完全に染毛を終えた後に本剤を使用してください。
    処方にあたってのご注意
    医薬品のため、処方には医師の診察が必要です。主な副作用として、下記にあげるものが数%報告されています。

    副作用

    • 頭皮の赤み・かゆみ・かぶれなどの皮膚症状
    • 血圧低下 初期脱毛

    このような症状に気づいた場合は、早めに当院医師へご相談ください。

    *ミノキシジルの外用ができない方:
    下記の方は、ミノキシジルの外用ができません。あしからずご了承ください。
    ミノキシジルに対して過敏症のある方 20歳未満の方 AGA以外の脱毛症の方 心臓や腎臓に障害のある方 甲状腺機能障害の方

    *初期脱毛とは、AGA治療を始めた時に、一時的に起きる脱毛症状のことです。治療開始後2週間~2、3ヶ月から始まります。ヘアサイクルが正常に整っていく過程で起きている、一時的な脱毛ですので心配は要りません。初期脱毛が続く期間は2週間~3ヶ月とかなり個人差があります。全ての人に起きるものではありません。

    フィナステリドやデュタステリドは、ヘアサイクルを正常に戻し、『うす毛の進行を防ぐ』役割があります。
    それに対して、ミノキシジルは、ヘアサイクルの成長期を延長させ、『発毛を促す』作用があります。両者を併用するのが標準的で特におススメです。

  • 男性型脱毛症に対するフィナステリド内服療法の効果
    before after

    内服前

    1年内服後

    出典元:日本皮膚科学会ホームページ皮膚科Q&A

日常生活の注意点

Qどんなことに気をつければいいの?

食事はバランス良く

髪は肌と同じように、体の栄養状態を反映します。バランスの悪い食事をしていると肌の調子が悪くなるように、髪のコンディションも悪くなる可能性があります。毛髪の主成分は硬ケラチンというタンパク質です。そしてミネラルがケラチンの合成を促進します。
良質のタンパク質を摂取しましょう。肉類、魚や大豆製品、ミネラルを多く含む海藻などは積極的に摂るようにしてください。できるだけバランスの良い食事をとりましょう。

~ 抜け毛を予防する食べ物 ~

成分 効果 種類
①タンパク質 髪の基本成分ケラチンの元 肉・魚・卵・大豆製品・豆類・牛乳・乳製品・カキ
②ビタミンA 抗酸化作用・頭皮の血行を促進 人参・カボチャ・小松菜・ほうれん草などの緑黄色野菜・レバー・うなぎ・豚肉・鶏肉
②ビタミンE 頭皮の血行を促進・髪の老化を防ぐ・毛母細胞の活性化 小麦胚芽・大豆・ごま・アーモンド・緑黄色野菜
③ビタミンC 頭皮の血行を促進 レモン・オレンジ・さくらんぼ・イチゴ・柑橘類
④ビタミンB 髪・頭皮の新陳代謝を促す・髪の基本成分ケラチンの元 玄米・小麦胚芽油・豚肉・レバー・マグロ・緑黄色野菜・卵・ナッツ類
⑤コラーゲン 髪のツヤやハリを良くする・毛包幹細胞を保護 長芋・レンコン・納豆・鶏皮・手羽先・うなぎ・エビ
⑥ヨード 髪の発育を促進 ワカメ・昆布・ひじき
⑦エイコサペンタエン酸 コレステロールを防ぐ イワシ・ブリ・サバなどの背の青い魚
⑧亜鉛 髪の成長に必要 貝類・ナッツ類

とりすぎるとダメな食べ物:高脂肪高カロリーの食品(油ののったステーキなど)、お菓子や飲料に含まれる糖分、塩分の多い食品、発汗作用のある刺激物(激辛料理など)、アルコール、カフェイン、ファーストフード・コンビニ弁当などの加工食品

飲酒・喫煙を控える

過度の飲酒や喫煙は毛根への血行を悪くして、毛髪の栄養不足を招くので、控えめにしましょう。
週に1~2日飲酒しない日をもうけたり、1日のタバコの本数を減らしてみることからまずはじめてみましょう。

質の良い眠りを

成長ホルモンの分泌が多い22時~2時には、できるだけ就寝するように心がけましょう。
正常なヘアサイクルで髪を成長させるには、成長ホルモンが重要です。また、時間帯に関係なく最低6時間以上の睡眠時間を確保するようにしましょう。

ストレスの少ない生活を心がけて

ストレスが直接AGAに影響するかは、科学的には実証されていません。ただ、過度なストレスは自律神経に悪影響を与えます。例えば睡眠不足になったり、きちんとした食事がとれなくなったりして、髪に良くない環境を作ると考えられます。
できるだけスポーツをしたり、趣味に打ち込んだりして、ストレスが少ない生活を心がけましょう。

適切なヘアケアを

適切なヘアケアによって、頭皮を清潔にかつ健康に保ち、血流を良くすることで髪の毛が育ちやすい環境を整えることができます。

正しい頭の洗い方

  • ①シャンプー前に、髪全体をぬるま湯で十分に濡らします。これで汚れを大体落とします。
  • ②シャンプーを適量手に取り、よく泡立てて頭皮から髪全体になじませます。
  • ③指の腹でやさしくマッサージしながら丁寧に洗います。
  • ④シャンプーが残らないように、たっぷりのぬるま湯ですすぎます。
    その後リンスを髪の毛先を中心になじませ、ぬるま湯でしっかりすすぎます。
  • ⑤濡れた髪をタオルドライした後、ドライヤーなどで乾かします。(ドライヤーはあまり熱くせず、ゆるい温風か冷風で乾かすようにしましょう。)
予約受付システム 一般皮膚科専用 はこちら 初診/再診、どちらの方も、簡単にご利用いただけます。
診療のお問合せ・ご相談はこちら 0773-22-3770 平日AM9:00-PM13:00/PM15:00-PM18:30
診療のお問い合わせ・ご相談はこちら
平日
AM 9:00-PM 13:00/
PM 15:00-18:30
初診でもご利用になれます 予約受付システム 一般皮膚科専用
診療時間
診療時間 ※土曜午後は15:00-17:00となります。
アクセス
アクセス
  • 一般皮膚科
  • 形成外科
  • 美容皮膚科
  • しみ
  • フェイシャル
  • 赤ら顔
  • 医療レーザー脱毛
  • ニキビ・ニキビ跡
  • アンチエイジング
  • 各種点滴・注射
  • ピアス・ピアストラブル
  • エンビロン スキンケア
  • まつ毛貧毛症
  • 薄毛・育毛
  • 男性型脱毛症(AGA)
  • 毛穴
  • 多汗症
  • お問い合わせ
障害をお持ちの方、高齢者の方へ
  • クリニックで取り扱っている商品
  • 気になるあざをなかったことに!茶あざ・青あざ・いれずみ 最新のレーザー治療
  • 紫外線療法 尋常性乾癬や白斑、掌蹠膿疱症、アトピー性皮膚炎、円形脱毛症などの治療に
  • 治りにくい皮膚の病気に「中周波紫外線療法」
  • 美容皮膚科-薄毛・育毛-男性型脱毛症(AGA)
  • フラクショナル炭酸ガスレーザー
  • トリニティ・プラス
  • 電気乾固法
  • はじめての美容医療
障害をお持ちの方、高齢者の方へ
  • 京都府福知山市 松本歯科クリニック
  • 社会福祉法人福知山学園