しわ・たるみ(アンチエイジング)

Anti-Aging

症状

シワやたるみを解消して、いつまでも若々しくありたい方へ シワの種類 シワは主に次の4種類に分類されます。 しわの種類によって原因や対策は異なります。
①小じわ
小じわとはお肌の水分不足が原因で、肌表面の乾燥によって表皮に現れる「ちりめんじわ」とも呼ばれるものです。シワの中では比較的初期の状態で、水分を補うと治りやすいものです。皮膚が乾燥すると角質層が剥がれやすくなり、隙間から水分が蒸発するため、しわが発生しやすくなります。加齢に伴い肌が老化すると肌の弾力も落ちてしまうため、一度できた小じわが元に戻りにくくなります。

②大じわ
加齢や紫外線のダメージによって、真皮にあるコラーゲンやエラスチンなどの弾力線維が、皮膚の重力を支えきれなくなることで生じます。 ※コラーゲンとは、皮膚の真皮層にある、皮膚の弾力を司る線維です。

③表情じわ
表情じわとは、笑ったり、怒ったりした時に、お顔の表情筋という筋肉の収縮(緊張)によってできるしわのことです。 眉間、目尻、口の横、額などが多いです。 表情じわは、本来一時的なものですが、繰り返し筋肉を動かし続け、加齢とともに皮膚の弾力も低下すると、慢性化することで“刻みじわ”となります。

④たるみじわ
たるみじわは、文字どおり、肌がたるんでしまうことでできるしわです。シワとたるみの根源は同じです。お肌の真皮層という部分にあるコラーゲンの弾力が低下することでシワが刻まれ、更にコラーゲンがだらんと伸びっぱなしになってしまうと、たるみが生じます。多くの方が悩まれる法令線のシワは、土台となる骨がすり減り、重力によって皮下脂肪が垂れ下がった、頬のたるみによりできる、たるみじわのひとつです。

原因

小じわは、お肌の水分不足が原因で、水分を補ってあげれば治りやすいものでもあります。 小じわを予防するには毎日のお肌の保湿ケアを欠かさないことです。 それに対して、本格的に出来てしまったシワの多くはお肌の乾燥よりも「コラーゲン」の変性で お肌の弾力が失われることでできます。 また、紫外線は「光老化」といって、お肌の老化を引き起こしてしまいます。
※コラーゲンは皮膚の真皮にある、皮膚の弾力を司る線維です。

①小じわの対策
小じわは、化粧品などで肌を保湿することにより目立たなくなる可能性があります。また、美容医療の治療では、小じわ改善の方法のひとつとしてトレチノイン治療やケミカルピーリングが推奨されています。 一方深いしわの場合には、主にコラーゲンやエラスチンなどで構成される真皮層が関わるしわであり、化粧品やケミカルピーリングによる改善は難しくなります。

②大じわの対策
大じわは化粧品では改善することが難しいしわです。美容医療の治療では、コラーゲンの再生を促す、ヒアルロン酸注入やレーザー照射が適応となります。

乾燥

乾燥により、肌表面の水分が不足することによって「ちりめんじわ」が生じます。これは、しわの比較的初期の状態です。

紫外線

紫外線は、老化に大きな影響を与えます。 紫外線の影響によって、引き起こされる皮膚の老化を「光老化」と呼びます。「光老化」では、皮膚の真皮層にある肌のハリを保つ線維(コラーゲンやエラスチンなど)が破壊され変性することにより、弾力性が低下し、皮膚が厚くゴワゴワとしてきて、深いしわが現れます。紫外線は小じわの原因となる乾燥も引き起こします。

加齢

加齢によるしわやたるみは、顔の奥に原因があります。私たちの顔は骨・筋肉・皮下脂肪(皮下組織)・真皮(皮膚)・表皮(皮膚)の5つの層から成り立っています。しわやたるみの成り立ちには、これらすべての層が関わっています。加齢とともにそれぞれの層に変化が起き、しわやたるみを作っているのです。

注意点

紫外線対策を1年を通じてしっかりと行いましょう。
お肌の毎日の保湿ケア。 活性酸素を防ぐために、抗酸化食品の摂取。
βカロチンを含む緑黄色野菜、ポリフェノール含有食品がオススメ。
不規則な生活、無理なダイエットも避けましょう。

~主な抗酸化食品~
・大豆製品(味噌・豆腐・納豆) ・コーヒー、緑茶 ・キノコ類 ・そば ・フルーツ(りんご、ブルーベリー、カシスなど) ・海藻類 ・野菜 (トマト、ほうれん草、ブロッコリー、しそ、ウコン、緑黄色野菜など)・鮭、いくら

治療方法

トリニティ・プラス

[トリニティ・プラスの効果とは?]
多くの患者様にとって、お肌の悩みはひとつではなく、しみ、しわ、たるみなど多くの肌トラブルを抱えておられます。 それら全てをカバーするのは難しく、患者様の要望に応えるためには様々な治療器をそろえなければなりません。 トリニティ・プラスによって、お肌の「色調」・「形状」・「肌質」をトータルで治療することができます。 「トリニティ」とは、様々な症状や目的に合わせて、光エネルギーとラジオ波(RF)エネルギーの相乗効果により、 e-Plus(イープラス)という1台の機械を用いて、3つのアプリケーションで行うトータルスキンリジュビネーション治療です。

ボトックス注射:BOTOX(眉間・額・目尻・あご・エラ)

特徴
シワをつくる筋肉にボツリヌス菌という菌が産生する物質を注入して、筋肉を麻痺させ、シワを目立ちにくくします。
額の横ジワ、眉間の縦じわ、目尻のカラスの足跡には最適です。
効果は約4ヶ月~6ヶ月持続します。
表情じわの治療においては、30歳代前半のまだしわが形成されていない時期に注入治療を開始することで、
しわの発生を未然に防ぐことができます。
お早目の治療をおすすめいたします。
また、エラに施行すると小顔効果も期待できます。

ヒアルロン酸注射(法令線、顎、ゴルゴライン、マリオネットライン)

特徴
ヒアルロン酸は元々皮膚の真皮にある物質で、年齢と共に徐々に減ってゆきます。
人工的に作られたヒアルロン酸をシワに沿って注入していき、その部分をふっくらとさせることで、
シワを目立ちにくくすることができます。
効果は約6ヶ月〜1年間持続しますが、時間がたつと吸収されてなくなります。
従来のコラーゲン注射と比べると、アレルギー反応が少なく、効果もすぐに表れます。

リフトアップレーザー

特徴
[リフトアップレーザーの効果とは?]
従来のレーザーと違い、痛みはなく、お肌にシャワーを当てる感覚です。
皮膚の内部に少しづつ確実に熱を加えていくことで深部のコラーゲンに働きかけます。
繰り返し治療を行うことで、より効果が高まります。毛細血管にも反応しますのでお肌の赤みも軽減します。

よくある質問