ピアス・ピアストラブル

Pierce Hall

症状

ピアスホールをお開けになりたい方へ
当院では、耳、ヘソ、軟骨へのピアス開けを行っております。ファーストピアスは長くつけて頂きますので、シンプルなデザインの ものをご用意しております。金属アレルギーの方用のチタン製のピアスもご用意しております。また、耳たぶは通常は麻酔を行いませんが、痛みに過敏な方の場合は麻酔をさせて頂く事も可能ですので、お申し付けください。金属アレルギーのご心配な方は、金属アレルギーの検査をしてからピアスを開ける事も可能です。また、ピアスのみの販売も行っております。ピアスをお持ち込みいただく事も可能です。受付スタッフにお申し付けください。耳・へそ以外の部位(口唇・鼻・舌など)もご相談によって対応可能です。その際はご自身のファーストピアスをご持参ください。 ※未成年の方は、保護者の方の同意が必要です。同意書は当院にてご用意しておりますが、簡単なメモ書きをお持ち頂いても構いません。

原因

アフターケア
ファーストピアスを失敗しない為には、ピアスを付けた1か月間は消毒液で消毒します。
この時にピアスを前後に移動させ、あるいは回転させることが重要で、これによって耳たぶの表と裏から皮膚の表皮が伸びてきて
ピアスが貫通した穴の部分を皮膚で覆うようになります。消毒が終了してもピアスは外すことなく、つけたままにして
この前後移動と回転は続けます。耳たぶの薄い人で1か月、厚い耳たぶの方ですと、2か月以上たつと、ピアスホールは完成です。

注意点

ピアス穴が安定するまでに4~6週間ほどかかりますので、その期間は施術時のピアスをつけたままお過ごしください。

治療方法

ピアス可能な部位

耳のピアシングの可能な部位は、上図をご参照ください。

よくある質問